国で選ぶバレエ留学

国で選ぶバレエ留学

国で選ぶバレエ留学 バレエで有名な国は多く存在します。
芸術の国フランス、ヨーロッパの中でも日本と似ているところが多いドイツ、音楽の国ウィーンに、最近話題のイギリス、夢が叶う場所アメリカなど、さまざまです。
ただ観光に行くだけなら、行きたいところを選べば良い話ですが、バレエ留学というとそうは行きません。
留学には多くの費用がかかります。
そのほとんどが学校に通うための学費です。
フランスとドイツの公立の学校であれば、学校の授業料は無償となるので、かかる費用は生活費のみとなります。
年間200万円程度になります。
しかし、その他の学校では、学費がかかるので、学費が無償の場合の費用より2倍から3倍かかります。
このように、バレエ留学には多くの費用がかかりますが、授業料が無償になる学校を選択すれば、費用を抑えることができます。
バレエ学校の授業料が無償になるということは、それほど国がお金をかけている、力を入れていることにもなります。
同じように学ぶならば、より費用をかけず、質の良い学びができるほうが良いでしょう。
もちろん、日本の高校や大学と同じく、公立のほうが入学が難しくなりますので、入学までの努力は怠ることがないようにしましょう。

本場のバレエが見れる国で留学する

本場のバレエが見れる国で留学する 何事も、一流の本物を見るか見ないかは、人生において大きな違いになっていきます。
それはスポーツも芸術も同じで、感性が鈍くならないうちに一流のものにたくさん触れたかどうかは、その後のそのひとの人生に大きく左右します。
ですから、バレエにおいても、本場で本物に触れることができるのなら、そうしたほうが良いといえます。
留学するということは、人生の少なくない時間を割き、少なくないお金を支出します。
それだったら、見合うだけのものを得たほうが、留学しがいがあるというものです。
バレエの本場といって、真っ先にあげられるのはイギリスです。
日本人で世界的に有名なバレエダンサーになった人たちは皆イギリスに渡って修行をつみ、そこで一流のプリンシパルに触れ、鍛えられ、中にはご本人がそのプリンシパルになったりもしました。
イギリス以外でも、フランスやロシアなどに歴史あるバレエ団がありますから、どの国がいいかは、どの国の特徴が好きか、好みの問題といえます。
いずれにせよ、留学という大がかりなことに挑むのであれば、中途半端にせず、超一流に触れられるチャンスにするようにしたほうが、後悔が少ない可能性が高いです。
そういった機会は、あるようでそうそう無いのですから。

おすすめバレエ留学関連リンク

長期、短期バレエ留学に関するオーディション、生活のサポート、手続き代行、などを行ってくれるサイト

バレエ 留学